top of page
  • 執筆者の写真広 天田

セカンドオピニオン

「セカンドオピニオン」は、患者が主治医とは異なる医師に治療や診断について意見を求め、自身が納得できる治療方法を選択するためのプロセスを指します。このアプローチにより、患者は異なる医師の意見を聞くことで病気や治療に対する理解を深め、最良の選択を行えるようになります。


アメリカ発祥の医療サービスである「セカンドオピニオン」は、患者の不安を軽減し、適切な情報を提供することを目的としています。トップクラスの医療機関であるメイヨークリニックも積極的にセカンドオピニオンに取り組み、研究結果を発表しています。


メイヨークリニックの研究では、複雑な病状を持つ患者286人を対象にセカンドオピニオンが行われ、最初の診断が専門医によるものと一致したのはわずか12%に過ぎませんでした。残りの88%では異なる見解があり、そのうち21%は初期の診断と完全に異なる意見が出されたと報告されました。この結果から、初期の診断が誤っている可能性が高いことが示唆されています。


セカンドオピニオンは、誤診の可能性を排除し、患者が適切な治療を受けるための手段となります。納得いく人生を歩むための判断の拠り所を増やすことを検討したいです。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page