top of page
  • 執筆者の写真広 天田

介護施設経営の未来

これから、介護や障害福祉の報酬は必ず減っていくだろう。今回のようなプラス改定はもう2度とないかもしれない。今回の改訂は、大改革前の土台固めの改定といえる。これから事業者が柔軟に変わっていかなければ、対応できなくなる。


・多様な働き方

週一でも、月一でも、働ける人に働いてもらう。

ワークシェアが増える。


・タスクシフティング。

仕事を細分化して、誰でもできる仕事と専門的な仕事に分ける。

例えば、配膳する人、食事介助する人、専門的な介助をする人と分けて、ワークシェアの人に働いてもらう。


・外国人材。

必ず人が足りなくなるから、外国人を視野に入れなければ無理になる。


・健康寿命の延伸

健康寿命75歳を目指す。


・LIFEは、取り組んでいかないと淘汰されていく側になる。

LIFEに取り組んでいることが条件で、いろいろな加算がつくようになる。


・医療福祉の生産性の向上


・DX化


なかなか厳しい時代になってきた生産性を向上しても、心を忘れない。

愛のあるケアとロボットの両立。そんな両立支援が必要になってくるのかもしれない。



閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page