top of page
  • 執筆者の写真広 天田

年頭所感 2024

更新日:1月4日

新年が始まり、新しい一歩を踏み出すこの瞬間、心を一つにし、ともに新たな挑戦を誓いたいと思います。


2024年、私たちの行動指針は「現状維持は衰退、良い変化を創る」です。これは戯言ではなく、未来に向けた主体的かつ前向きな行動の原則です。会社は3年で安定すると言われていますが、私たちはその先にある「良い変化」を大切にし、躍動感あふれる変革の舞台に立ちます。


組織は3年で固定化しやすくなりますが、私たちの目標はその定説にとらわれない、柔軟で進化する組織を築くことです。この年が最後のチャンスと位置づけます。これまで培ってきたスキルや考え方を超越し、新たなアプローチで道を切り開く覚悟が必要です。いま、施設のあり方や仕事のやり方に疑問を抱く者、未来を共に築く仲間と、この年が想いをカタチにする絶好の機会です。


みのわの里三山のチームは、個々が異なる価値観や想いを持ち、それらが集まって一つの大きな夢を形成しています。自分の想いを大きな声で発信し、その想いを実現するためのアクションを起こしてほしいです。ときには異なる意見が衝突することもあるでしょうが、それは私たちを成長し、変化していくための起爆剤です。


変化を待つのではなく、自らが変化の渦となり、組織に新しい流れをつくってほしい。失敗は成功のもとと言いますが、その失敗も含めて学びと捉え、勇気をもって次なる挑戦に進んでいっていきたいです。「1人の100歩より100人の1歩がいい」。私たちは仲間と手を取り合い、目指す未来に向けて共に歩んでいきます。


この一年のラストスパートで目指すのは、明るく笑顔が多い「家族団欒」の温かい家です。力を合わせて、助け合い、夢を追い求めましょう。私たちが創る良い変化が、喜びや幸せをもたらし、みんなが誇りに思える職場を形成していくことを信じています。新たな一年が、私たちにとって希望に満ちた素晴らしい年になりますように。


2024年1月1日

事務長 天田 広

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page