top of page
  • 執筆者の写真広 天田

熱中症対策(短い暑さ体験)

これから徐々に気温や湿度が高くなると、エアコンの利用が多くなると思います。先週は気温が30度を超える記録的な猛暑となり、緊急搬送された熱中症患者の報道がありました。誰もが他人事では済まされない身近なリスクと思います。


外に出なければ良いとエアコンの効いた部屋に長時間居れば、熱中症は回避できると思います。ですが、その考えには危険性も伴います。「熱中症にかかりやすい体」にしてしまう負の一面です。


熱中症の要因は、気温・湿度・日差しなどの環境面、水分・食事・睡眠量などの体調面が重なり合っています。その原因をちゃんと職員や家族が理解したうえで、熱中症にならないよう努力することも重要です。そして、あえて短時間で外に出ていき、「暑さに身体を慣れさせる」ことも大事と思います。


長時間でなく、「短時間の暑さ体験」で十分です。自分や周囲の家族を、来夏に向けた健康維持策としてご参考にしていただきたいです。


因みに、前橋のバラ園祭りが最終週となります。暑さの耐性をつけるための外出のきっかけにぜひ足を運んでみてください。



閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page