top of page
  • 執筆者の写真広 天田

睡眠の10-3-2-1-0メソッド

おはようございます!今日は、良い睡眠を得るための方法、「10-3-2-1-0メソッド」についてご紹介します。このメソッドは、アメリカの医師であるジェス・アンドレード氏がInstagramで共有したもので、日常の行動が夜の睡眠に影響を与えることを意味します。


数字がそれぞれ特定の行動を指し、リラックスでき、体を安らかな睡眠に寄与します。例えば、「10」は、就寝の10時間前にカフェイン摂取を止めることを意味し、カフェインの刺激作用が睡眠を妨げる可能性があるためです。


同様に、「3」は、就寝の3時間前に大量の食事やアルコール摂取を避けることを示しています。消化器系の問題を回避し、睡眠の質を向上させます。さらに、「2」では、就寝の2時間前に、次の日の仕事を書き出し、脳を休ませることが提案されます。そして、「1」は、就寝の1時間前に光を放つ情報端末の使用時間を制限することを促します。画面から発せられるブルーライトが自然な睡眠サイクルに影響を与えるためです。そして最後の「0」は、目覚まし時計をスヌーズする回数をゼロにすることを示しています。


一般的に理想的な睡眠を得るためのガイドラインですが、すべての人に応用されるわけではありません。個々の状況や体質に応じて、他の睡眠のコツを試してみる必要があるかもしれません。


良い睡眠を通して健康を維持し、やりたいことにどんどん挑戦していきましょう!!


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page