top of page
  • 執筆者の写真広 天田

老人ホームでのコロナ感染対策: 安心と健康を守る取り組み

コロナウイルス感染症(COVID-19)は高齢者にとって特にリスクのある状況となっています。老人ホームでは、入所者とスタッフの安全と健康を守るために厳格な感染対策が求められています。

  1. 衛生対策の徹底: 入所者とスタッフは定期的な手洗いや手指消毒を行い、食事前後やトイレ使用後など、重要なタイミングで衛生を保つよう努めています。

  2. マスクの着用: 入所者とスタッフは共用スペースでのマスク着用が義務づけられ、咳エチケットや適切なマスクの使い方が徹底されています。

  3. 体温チェックと健康モニタリング: 入所者とスタッフの体温は定期的に測定され、健康状態がモニタリングされます。発熱や風邪の症状がある場合、速やかに適切な対応が取られます。

  4. ソーシャルディスタンスの確保: 共用スペースでのソーシャルディスタンスの実施に努め、入所者同士や入所者とスタッフとの距離を保つよう心掛けています。

  5. 室内換気: 屋内の換気を定期的に行い、新鮮な空気の流れを確保します。窓を開けて風通しを良くするなどの工夫が行われています。

老人ホームは入所者とスタッフの安全を最優先に、これらの対策を継続的に実施しています。共に努力することで、安心で健康的な環境を維持し、コロナ感染拡大のリスクを最小限に抑えていきます。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page