top of page
  • 執筆者の写真広 天田

豚の貯金箱の物語

更新日:3月2日

デジタル時代、画面上の数字でお金を管理されるようになりました、実際のお金は揺れたり音を立てたりします。そして、その音色から、貯金箱の中にどれくらい貯まっているかを推測できますね。


銀行のアプリでお金を管理するよりもはるかに簡単です。それでも、昔ながらの豚の貯金箱の中で小銭がカラカラと音を立てながら貯めていくことには、何か懐かしい魅力があります。では、なぜ私たちはなぜお金を豚の形の貯金箱に入れたいと思うのか、考えたことがありますか?その謎には諸説あります。


ひとつの説では、何百年も前、西ヨーロッパの人々が「pygg」と呼ばれる一種の粘土で作られた古い壺にお金を入れていたと言われています。その単語は「pug」と発音されていましたが、時が経つにつれて、イギリスの人々はそれを「pig」と発音するようになりました。この話によると、壺を作っていた陶芸家たちは、豚の形をした壺を作り始めたとされています。


1989年にチャールズ・パナティが出版した「The Extraordinary Origins of Everyday Things」という本に含まれているこの話は、多くの人々に広まりました。


別の説では、豚はある国、例えばドイツなどで幸運の象徴とされているため、豚の形をした壺がお金を貯める良い場所と考えられているというものです。


中国でも同様の観念があります。そして、14世紀以前にジャワ島、インドネシアで豚の形をした壺が使用されていた事例があります。したがって、この伝統が東洋からヨーロッパに広まったと考えられています。


風変わりさや文化的な象徴や古代の伝統に根ざしているにせよ、豚の貯金箱は節約の美徳と貯金が増えていく喜びを思い出させてくれるお話ですね。


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page