top of page
  • 執筆者の写真広 天田

2050年にはガンが克服される?

医療技術はどこまで進歩するのでしょうか。米カリフォルニア大学サンフランシスコ校は、2050年の医療技術について次のように予測しています。


「ガンが克服される」「バイオニックアイにより、視覚障害者はいなくなる」「人間とAIの融合が可能になる」「人工内蔵の開発により、臓器提供の必要がなくなる」「エイズが根絶される」「肥満治療の飲み薬が開発される」


医療技術の進歩は「ナノマシーン」「細胞療法」「ゲノム編集」「AIの応用」の4つの観点に分類できます。


1つ目の「ナノマシーン」とは、10万分の1メートル程度の大きさの機械だ。これによりHIVやガン細胞の検知、そして外科手術を行わないでそれらの治療が可能となります。


2つ目の「細胞療法」とはPSC(多機能性幹細胞)を用いる再生医療で、2030年頃から一般患者も利用できるようになると言います。糖尿病やアルツハイマー病、心不全、腎不全など、幅広い疾病に活用できます。


3つ目は、遺伝子を切ったりつなげたりする「ゲノム編集」で、アメリカなどでガンや感染症に対する治験が始まっています。


4つ目は医療分野でのAIの利用です。CTスキャン、MRI、レントゲンなど、画像を用いた検査に対するAIの画像認識が期待されています。


医療の進歩により、今加入している保険の見直しも必要です。加入当時はガン保険を手厚くしていても、仮に治る病気になり、一般治療化して公的保険内と高額療養費制度で持ち金でカバーできるようであれば、保険料を減らしたり、脱退することも選択肢としてありえますね。


保険料は固定費です。時折りいまの医療技術の変遷と保障内容を整理することで、長期的に見て過度な支出を抑られると考えます。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page