top of page
  • 執筆者の写真広 天田

5人に1人が子どもを望まない日本学生

皆さん、こんにちは。今日は、最近の調査結果について深く追求してみたいと思います。日本の大学生の約5人に1人が、将来子供を持ちたくないと回答していることが分かりました。これは、国の低出生率が深刻な問題として浮き彫りにされています。


調査によれば、2025年に大学を卒業する学生のうち、19.2%が子供を持ちたくないと答えました。さらに驚くべきことに、女性の方が男性よりもこの傾向が強いことも明らかになりました。女性の23%が子供を望んでいないと回答し、男性の場合は12%にとどまりました。

では、なぜこんなに多くの若者が子供を持ちたがらないのでしょうか?調査によると、その理由はさまざまですが、最も一般的なのは子育てへの自信の欠如です。この他にも、自由な時間の喪失や子供を育てるための経済的な不安などが挙げられます。


一方で、政府は国の経済的な未来を懸念しています。日本の低出生率は、将来の労働力や経済成長に深刻な影響を与える可能性があります。現在の日本の人口1億2400万人が、2070年には8700万人、2120年には5000万人にまで減少すると予測されています。


政府はこの問題に取り組んでおり、育児支援の拡充や育児休暇の改善などの政策を実施しています。しかし、一部からはその施策が遅すぎるとの指摘もあります。この問題は日本の将来に深刻な影響を与える可能性があります。私たちは若い世代の声に耳を傾け、彼らの希望や不安に真剣に向き合う必要があります。日本の持続可能な未来を築くためには、若者が子供を持つことに対する不安を解消し、子育て環境を整備することが重要です。


これからも、この問題に真剣に向き合い、日本の未来を切り拓いていくための解決策を模索していきます。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page