top of page
  • 執筆者の写真広 天田

7-Eleven無店舗経営

おはようございます!無店舗経営の最新のNEWSに触れたいと思います。


日本の最大手コンビニエンスストアの運営会社である7-Elevenが、労働力不足に対応するため、無人店舗の計画を立てています。この計画では、顧客がスマートフォンだけで買い物ができる小さな店舗を全国に開設することを目指しています。


これまでも多くの人々が買い物時にスマートフォンを使用して支払いをしていましたが、この新しい店舗では、顧客はスマートフォンを使用してQRコードをスキャンし、その後の全ての手続きをスマートフォンで行います。また、従業員は一人だけで、販売業務や棚卸しのような業務を行うことになります。


これらの無人店舗は、従来の7-Eleven店舗よりも小さく、商品の種類も少ないかもしれませんが、アパートや工場などの場所にも開設される予定です。この取り組みは、労働力不足という日本の社会問題に対応する一環として、競合他社も同様の取り組みを検討していると報じられています。


実際、7-Elevenはすでに2022年に韓国のソウルで最初の無人店舗をオープンさせており、Amazonも2016年以来、一部の米国都市でこのようなコンビニエンスストアを展開しています。日本の無人店舗がいつオープンするかは明確ではありませんが、私たちの多くにとって、これが将来の買い物の形になる可能性があります。


このニュースからも、各業界においては労働力不足という課題に対する様々な解決策が模索されています。無人店舗は、人がどうしても介在してケアをしていく介護施設の再現は難しいかもしれませんが、人がやらなきゃいけない仕事と人でなくても良い仕事を明確に仕分けをする意識があれば、介護業界のマンパワー不足解決の糸口になるかもしれません。


福祉の仕事は「相手の心に寄り添い、その人の想いをしり、実現するお手伝い」をすることです。その最優先事項に自分の時間と労力を注ぐために、ロボットでできることは任せて可処分時間を創っていく意識はこれからの福祉の未来の新しい挑戦となると思います。時代の変化に柔軟に対応し、利用者のニーズに適切に応えていくよう経営努力をしていきます。





閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page