top of page
  • 執筆者の写真広 天田

To-Doリストでストレス軽減

皆さん、おはようございます。今日は、私たちの日々の業務において非常に役立つ「やるべきことリスト」についてお話したいと思います。


ある研究によれば、やるべきことリストを活用することで、私たちはより多くのことを成し遂げることができるだけでなく、ストレスも軽減できるとされています。古くから行われてきた実験や研究では、未完成のタスクが私たちの頭の中で余計なエネルギーを消費し、次の活動に影響を与えることが明らかにされています。


特に、2011年の研究では、「ザイガーニク効果」として知られる現象が示されました。この効果によれば、未完成の活動が次の活動の成績に悪影響を与えることが分かりました。しかし、同じ研究では、計画を書き留められたら、次の活動成績が向上することも示されています。


このことからも分かるように、やるべきことリストは私たちが業務に集中し、効果的に進めるための貴重なツールなのです。重要なのは、リストが明確にどのタスクや目標が最も重要かを示し、大きなタスクを小さな部分に分割することです。これによって、私たちはより効果的に業務を進め、利用者の皆さんにより良いケアを提供できるでしょう。


やるべきことリストは私たちの仕事をサポートし、利用者の皆さんにとってもより良い環境を提供する一助となることでしょう。今後も、効果的なリスト作成を通じて、より良いサービスの提供に努めていきます。


それでは、次回のブログでお会いしましょう。今日も一日頑張ろう!


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page