top of page
  • 執筆者の写真広 天田

FUJI language school

群馬県前橋市にある日本語学校に訪問しました。目的は、採用手段の幅を広げることです。いずれ日本は国内人材だけでは十分な人員を確保できない時代が確実にくることから、少しずつ外国人枠を増やすことを見据えてきます。

当校は多国籍の留学生に溢れており、たいへん活気がありました。留学しながらパートで仕事をして、特定技能SSWを取得して5年の介護就労で働き、介護福祉士の資格がとれれば日本でずっと働けます。また、日本語学校から介護養成校へ進学して、5年働けば奨学金が免除になるだけでなく、介護福祉士としてずっと国内で働けます。

これから、学生ビザ枠で入国する外国人の採用にも挑戦できる法人にしたく環境整備もしていきます。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Комментарии


bottom of page